ぬいさし

ぬいさしは昨年から取り入れているのですが、このぬいさしをなぜ行っているのかと言う保護者の質問があったので、この場でお話しさせていただきます。

ぬいさしで使う道具は、目打ち・針・ハサミ・糸・台紙です。

目打ちや針を持ち操ることで、鉛筆を持つチカラがつきます。糸を通したり、玉結びを作ったり、縫ったりする複数の複雑な工程を進めていき、完成させようとするには、集中力・持久力を育てます。

少しずつ複雑になっていく図柄も、子どもたちは喜んで取り組んでくれています。気づかないうちに意志力だったり色んなチカラがついているんですよ〜

新着一覧へ >